アフターケアの利用|突然やってくる水漏れトラブルは水道修理業者へ|即対応
作業員

突然やってくる水漏れトラブルは水道修理業者へ|即対応

アフターケアの利用

工具

修理業者について

蛇口の寿命は10〜20年と言われています。つまり、10年程度使用していると水道水漏れなどの不具合が起きてもおかしくはないというわけです。蛇口の取り換えとまではいかなくても、ナットのゆるみやパッキンの老朽化などが原因で水道水漏れが起こることはよくあることです。水が完全には止まらない、蛇口の根元からもれているというような水道水漏れの際は業者への修理依頼が必要です。自分で水道修理業者を手配するという方法もありますし、購入した不動産会社へ依頼して業者を手配してもらうことも可能です。なお、アフターケアの対象期間内であれば、不動産会社へ連絡すると無償で修理手配をしてもらえるためお得です。また、賃貸物件の場合は、よほどのことがない限り自己負担とはなりません。必ず管理会社へ連絡し支持を仰ぐようにしましょう。

手配する場合は

自宅を購入してからすでに数十年たっているため、アフターケアの期間は過ぎているという場合は自分で手配するほうが早いでしょう。水道修理会社と一口に言っても、全国展開しているような大手業者から、地域の水道工事店のように小さい業者まで様々です。まず、大手水道修理会社の一番の特徴は費用の安さです。一般的な水道水漏れであれば、5000円程度で修理してもらうことができます。ただし、蛇口取り換えが必要な場合をはじめ、個々の状況によっては費用がかかることもありますので、問い合わせ時に必ず費用の確認を行いましょう。一方で、地域の水道工事店の一番の特徴は近い距離感で長い付き合いができるという点です。長く付き合うことで、お得意様として親身に対応してもらえ、値引きをしてもらうなど、個人店ならではの関係も頼もしいものです。