トラブルの原因を知る|突然やってくる水漏れトラブルは水道修理業者へ|即対応
作業員

突然やってくる水漏れトラブルは水道修理業者へ|即対応

トラブルの原因を知る

修理

旧住宅の水道水漏れ

現在の住宅に住み替える前に住んでいた住宅を売買に出していたのですが、売り手が見つからず1年間空き家の状態でした。旧住宅を10年以上住んでいたのに元栓の位置と閉め方がわからず、すぐ売れるだろうという甘い考えで放置してしまいました。中の元栓がわからなくても、外の元栓を管理会社の方に締めてもらえれば大丈夫だろうと考えていたのが災いとなり、修理代にもの凄い金額がかかることになってしましました。その水道の状態がわかったのは急遽、旧住宅を貸して頂きたいという方がいて貸すことにしたのですが水道を出してみるとあちこちの水道水漏れ、住宅内部元栓の水道水漏れ、トイレの元栓の水道水漏れ、管のジョイント部からの水道水漏れがありました。

水漏れ修理について

水道管の水漏れは、借り主様が引っ越しされた日に判明したためすぐに水道管理センターと水道業者の方に状態の確認と修理の依頼を行うこととしました。まず、あまり経費をかけずに行う術を模索し、使えるものは使ってだめなところは取り替えで検討しました。水道管を細かく確認しますと内部のさび、シャワーの切り替えの破損、ジョイント部の破損で内部水道管をすべて取り替えなければならないことが判明し、金額にもびっくりしました。それでもお貸しする以上、水道については健康にも十分に関わってくる施設なので交換でお願いしました。修理については最低限使える状態で復旧するのに約2日間かかり、貸し主様に迷惑をかけてしまいました。凍結等も考慮して元栓の位置等をよく把握し、必要であれば落とすことをお勧めしたいです。